必見!マニュアル翻訳会社BEST5

優良マニュアル翻訳会社探しをお手伝いします

第一位

【ケースクエア】

ケースクエア

■料金
英訳:1字/10円~、和訳:1単語/10円~
■実績
国土交通省、内閣府、気象庁、東京大学、筑波大学、トヨタ自動車株式会社、ソニー株式会社、富士通株式会社、日本航空株式会社など

詳細はこちら

第二位

【クリムゾンインタラクティブジャパン】

クリムゾンインタラクティブジャパン

■料金
英訳:1字/10円~、和訳:1単語/13円~
■実績
東京大学、北海道大学、京都大学、九州大学、NRI、大日本印刷、丸善、朝日新聞、科研製薬、田辺三菱製薬、政府官公庁など

詳細はこちら

第三位

【グローヴァ】

グローヴァ

■料金
英訳:1字/10円~、和訳:1単語/15円~
■実績
経済産業省、トヨタ自動車、NTTドコモ、花王、カネボウ、協和発酵キリン、第一三共、コスモ石油、三井住友銀行など

詳細はこちら

HOME » 優良マニュアル翻訳会社のチェックポイント » 3、スピード

3、スピード

マニュアル翻訳を依頼する業者選びのポイントの1つとして、スピードについて解説していきます。

翻訳だけでなく、全体的なスピードをチェック!

納期といった面も気になることでしょう。たいていの場合、技術書や仕様書、マニュアルをまとめるのに時間がかかり、どうしても翻訳は後回しになってしまいます。

翻訳にかける時間がなくなり、慌ててしまうことも。全体のスケジュール感を掴んで余裕を持って発注するようにしましょう。

翻訳サービス会社に依頼した場合、原稿内容や分量によって納品スピードはもちろん変わってくるので、担当者に確認が必要です。

また急ぎの場合には、特急のプランを設けているところや、分割納品ができる業者もあるので、そちらも確認してみると良いでしょう。

ただいくら早くても、精度に問題があっては本末転倒です。

マニュアル翻訳にどの程度の精度を求めるかは、翻訳文をどのような用途に使うかによって変わります。重要なマニュアルの翻訳にはそれなりの時間がかかることを予め心得ておきましょう。

翻訳をお願いするときは、翻訳そのものの早さだけでなく、翻訳会社に依頼する前の事前対応の早さ、レスポンスの良さをしっかりとチェックしてください。
見積りをお願いした場合に、スグに算出してくれる会社はしっかりとしているはずです。

必要に応じて守秘義務(NDA)契約なども結びます。大切な仕様書やマニュアル、技術書の類いは、発表まで社外秘だったり取扱厳重のものばかりでしょう。

翻訳会社から他所に流出なんて恐ろしい事態は招きたくありませんからね。

そして指定日時までの納品・納期厳守は、ビジネスとして当たり前のこと。もちろんこれを厳守しない業者は論外です。

 

マニュアルの翻訳会社一覧

優良マニュアル翻訳会社のチェックポイント

マニュアル翻訳を依頼する前に