必見!マニュアル翻訳会社BEST5

優良マニュアル翻訳会社探しをお手伝いします

第一位

【ケースクエア】

ケースクエア

■料金
英訳:1字/10円~、和訳:1単語/10円~
■実績
国土交通省、内閣府、気象庁、東京大学、筑波大学、トヨタ自動車株式会社、ソニー株式会社、富士通株式会社、日本航空株式会社など

詳細はこちら

第二位

【クリムゾンインタラクティブジャパン】

クリムゾンインタラクティブジャパン

■料金
英訳:1字/10円~、和訳:1単語/13円~
■実績
東京大学、北海道大学、京都大学、九州大学、NRI、大日本印刷、丸善、朝日新聞、科研製薬、田辺三菱製薬、政府官公庁など

詳細はこちら

第三位

【グローヴァ】

グローヴァ

■料金
英訳:1字/10円~、和訳:1単語/15円~
■実績
経済産業省、トヨタ自動車、NTTドコモ、花王、カネボウ、協和発酵キリン、第一三共、コスモ石油、三井住友銀行など

詳細はこちら

HOME » マニュアルの翻訳会社一覧 » アドバンスト・サイエンスラボラトリー

アドバンスト・サイエンスラボラトリー

マニュアル翻訳を依頼できる業者、アドバンスト・サイエンスラボラトリーについて調べてみました。

マニュアル翻訳の実績が豊富なアドバンスト・サイエンスラボラトリーとは

アドバンスト・サイエンスラボラトリー

アドバンスト・サイエンスラボラトリーでは、翻訳者の質に特にこだわりをもっていると感じました。
会社の代表者自ら博士号の学位を取得しており、大学、国立研究所、企業での研究に従事してきたベテランとのこと。

そのせいか、翻訳にあたるスタッフは皆、大学、研究所で研究に従事した経験者や現役の研究者ばかりです。

多くの翻訳スタッフが日本及び海外の大学で博士号、修士号を取得しており、実際に研究に従事した経験の豊富な優秀な人材というのは頼もしいですね。

技術翻訳には語学力ばかりでなく、知識と経験も必要です。
その意味でもアドバンスト・サイエンスラボラトリーの翻訳は、専門用語の選択や使い方が間違っていたり、論文内のディスカッションにおいて論理的つながりがおかしくなったり、理解不能になったり、意図とは違う意味になるといったことがないよう細心の注意を払い、真の専門家にしかできない翻訳を心がけているそうです。

校正も各分野の専門知識を持ったネイティブチェッカーが行ないます。

校正後も校正によって意味が変わったところ等を翻訳者が最終チェック。投稿する学術誌のフォーマットにあわせて納品することも可能だそうです。

こうした取り組みが評価され、10年で1,000件以上の翻訳件数という実績につながっています。

理工系(医学以外)のマニュアル翻訳料金例

[和文英訳]
○高品質コース:20円/字(+消費税)
※科学者・専門家による翻訳、ネイティブチェック、データベースでの用例チェック、最終チェック
○標準コース:18円/字(+消費税)
※科学者・専門家による翻訳、ネイティブチェック、最終チェック
○低コストコース:15円/字(+消費税)
※科学者・専門家による翻訳

[英文和訳]
○高品質コース:25円/字(+消費税)
※科学者・専門家による翻訳、別の翻訳者による校正、データベースでの用例チェック
○標準コース:23円/字(+消費税)
※科学者・専門家による翻訳、別の翻訳者による校正
○低コストコース:19円/字(+消費税)
※科学者・専門家による翻訳

◎初回20%OFF、ボリューム割引(5000語〜:5%OFF、10000語〜:10%OFF)有り。

会社概要

会社名:株式会社アドバンスト・サイエンス・ラボラトリー
所在地:日本橋営業所/東京都千代田区平河町 2-3-11 花菱平河町ビル4F
主要取引先:東京大学、東京工業大学、京都大学、核融合科学研究所、産業技術総合研究所、高エネルギー研究機構、物質材料研究機構、JAXA、名古屋大学、九州大学、 岐阜大学、茨城大学、鹿児島大学、島根大学、熊本大学、東海大学、東芝、三菱、パナソニック、キャノン、他大手民間企業多数

 

マニュアルの翻訳会社一覧

優良マニュアル翻訳会社のチェックポイント

マニュアル翻訳を依頼する前に